loading

TECHNOLOGY

技術

現代のTECHNOLOGYで、実現するナガクラの鍛造技術。

日本の鍛造技術は古く日本刀の刀鍛冶によって発展してきました。
「鍛造」、「焼き入れ」、「研磨」、名工によって究められたこれらの技術は最新の設備によって再現され、
現在のメタルフォーミングに活かされています。
日本刀で培われた鍛造技術が、現在の自動車の駆動部品の製造を支えているのです。

年間購入鋼材量
24000t
年間出荷製品台数
3240万台
総製品種
178
製造拠点数
4箇所

内製による金型製造で高品質な鍛造品を実現

冷間鍛造は高精度・高付加価値形状の加工を実現します。量産加工では、形状特性にもよっては±0.03mmレベルの交差にて加工することが可能です。その加工を実現するためには、精度の高い金型が必須。私たちは金型を内製化することで、高度な鍛造加工を実現しました。

量産に特化した機械加工ライン

鍛造製品を機械加工することで、お客様が求める製品が完成します。ナガクラでは、量産に特化したラインを構築し、多品種の生産を実現しました。複雑な加工はプログラムされた設備が自動で行うため、短時間で大量生産することが可能です。

3次元 CAD CAMシステムによる
高精度マシニング加工

トランスミッションの複雑化から、求められる部品の実現には、年々高度な技術を要求されています。複雑な加工も3次元 CAD CAMシステムを用いて、プログラムすることで、より効率よく、開発を進めることができます。

TECHNOLOGYTO THE FUTURE

ダーウィンは進化論で「生き残るのは最も強い者でもなく、最も賢い者でもない。最も変化に適応できる者だ。」と言いました。
LCC生産、現地ローカリゼーション調達、自国主義の保護貿易、グローバルでのJIT納入、
自社での耐久試験、自動車の電動化、部品メーカーを取り巻く環境は大きな変化を迎えています。
私たちは次世代に適合する技術を取り入れ、次世代の鍛造リーディングカンパニーを目指します。

ページの最上部へ